2014年9月1日以降の電子機器使用制限の緩和について

「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」の一部改正に伴い、電子機器の使用制限時期を下記の通り変更いたしますので、お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。(平成26年9月1日施行)





作動時に電波を発する状態にあるもの

作動時に電波を発しない状態にあるもの
使用制限時期:
「出発時、全ての乗降口が閉められたとき」から
「着陸後の滑走が終了するとき」まで使用禁止 (※1)
使用制限時期:制限なし
常時ご使用頂けます (※3)
携帯電話(スマートフォン含む)、PHS、パーソナルコンピュータ、トランシーバー、 携帯情報端末、携帯型データ通信端末、無線操縦玩具、無線式マイク、電子ゲーム機

(注)無線式ヘッドホン、無線式イヤホン、無線式マウス等、航空機内の電子機器同士で無線通信(Bluetooth等)を行うものは常時ご使用頂けます。
テレビ、ラジオ、ポケットベル、ビデオカメラ、デジタルカメラ、DVD / CD / MD /ビデオ/デジタルオーディオ機器、ヘッドホン、イヤホン、電池式ICタグ、電子手帳、電子辞書、プリンター機器、ワードプロセッサー、愛玩用玩具(音声・接触に反応するもの) および当社が事前に使用を認めた医療用機器、左記のうち作動時に電波を発しない状態にあるもの (※2)
※1
使用制限の開始および終了の時期は、機内アナウンスによりご案内いたします。
※2
電波を発信しない状態とは、機内モードなどに設定し、電源がONの状態でも航空機外との通信機能がOFFになって いる状態を指します。
※3
安全のため、機長の判断で電子機器の使用を制限させていただく場合がございます。
・電波を発信しない状態に設定が可能な電子機器を使用する場合は、予め出発前に電波を発信しない設定に切り替えた上でご利用ください。
・航空機外との接続を行わない、電子機器同士のBluetooth接続やWi-Fi接続は常時ご使用いただけます。
・航空機外の設備との無線通信(Wi-Fi接続)は禁止されています。Wi-Fi接続をご利用の際は、機内Wi-Fiサービスや電子機器同士の接続としてご利用ください。
・携帯電話での通話は周囲のお客様のご迷惑になりますのでお控えください。